あなたの

悩みの解決

​お手伝いいたします

対話resize.png

【相談時間】
 平日・土曜(夜)
 19:00-22:00
 日曜日(終日)
 9:00-21:00

部屋resize2.jpg

『さいこらぼ』

 当相談室では、病院や学校現場での治療経験が豊富な臨床心理士/公認心理師によるカウンセリングが受けられます。
 また静岡県内で箱庭療法が受けられる数少ない私設相談室の一つです。
​ みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

カウンセリングを知ろう

クリックすると説明ページにリンクします。

カウンセリングの効果とその理由

 カウンセリングを受けると、なぜ良くなるのでしょうか?。

 その最大の理由は「時間をかけて考える」というカウンセリング独特の構造にあります。

 私たちはこころの問題を、苦しいがゆえに「すぐ」に解決しようとしがちですね。それはあたかも、自分の中にある異物を外部に吐き出して、心の中をスッキリさせようとするようなイメージです。

 しかし本当の意味で心の健康を考える際には、このような「なかったこと」にしようとすることは逆効果になって、いつまで経っても苦しさが解決しないことにもつながったりもします。

 カウンセリングでは、苦しさの理由や原因を見つめることでその解消を目指します。つまり問題を「見ない」で「なくしてしまう」のではなく、ちゃんと「見て」こころの中の適切な場所に「収め」たり「仕舞う」ことを目指すのです。

 節分の豆撒きでも「鬼わ外、福わ内」と言いますね。ここで私達が「鬼」だと判断しているものが、よく見つめてみたりすると実は自分の未知な部分、新しい可能性の部分だったりすることもあるわけで、急いで判断して捨ててしまうなんてことは実はもったいないことだったりする場合もあるのです。

 カウンセリングでは、このような発見にいたるために、苦しさなどのマイナス面を解毒し、自分の心が安心して扱えるようになることをサポートします。そしてこの状況に至るために、専門の臨床心理士/カウンセラーはじっくりと時間をかけて「一緒に考え」ていくわけです。

 皆さんの悩み、行き詰まり、マイナスの体験、なかなか治らないこころの症状などは、苦しいものなのですが、その扱いを覚え、良いことも悪いことも両方あっても何とかやっていける人生、そのような生き方が可能になる自分に出会ってみませんか?。

天を仰ぐresize2.jpg
Facebook Cover Photo.png

カウンセリングを

皆様に

日頃の悩みを解決するために、

私どもは各種カウンセリングサービスを

​ご用意いたしております

『人間万事塞翁が馬』(淮南子)

 

悩みやこころの病は苦しいものです。

しかしあなたにとってこの悩みとの出会いは、全く意味のないことなのでしょうか?。もしかしたらそれは自分が変化・成長するまたとない機会なのかもしれません。

カウンセリングを受けることであなたの今の苦しみを軽減させるだけでなく、自分がさらに生きやすくなるような新しいこれからを目指してみませんか?。

親子馬resize.png
※『ひづらし』とは?
;静岡県の方言には、“ひずらしい(ひどろしい、ひずるしい)”という言葉があります。「まぶしい」という意味なのですが、方言は古語に由来することが多く、たぶん元々は「日出づる」つまり“日の出”から来ているのではないかと思います。『ひづらし』という言葉にはその語調と合わせ、日々のつらさや悩みに対し相談活動を通してその夜明けを目指すという当相談所の理念が込められております。